がん検診はどのように行われるか

###Site Name###

 がん検診には任意型検診と対策型検診があります。

前者は個人で受けるもので、基本的には自己負担です。

がん検診を知りたい方必見の情報を集めました。

後者は会社が社員のために行ったり、自治体が高齢者などの高リスク層のために行うもので、自己負担は少額ですみます。どちらの検診にせよ、がん検診は順序としてはまず一次検診で何かの異常がないかを調べ、二次検診で精密検査をして本当にがんが存在するかを調べるという形になっています。

ですから一次検査に引っかかったからといって、必ず癌であるとは限りません。

一次検査で見つかる異常には癌でないものも含まれているからです。

例えば大腸がんであれば、一次検査では便に血が混ざっていないかを調べます。

これで異常が見つからなかった人は、とりあえず安心です。
そして血が混ざっていた人は二次検査を受けることになるわけですが、便に血が混じる原因としては大腸がん以外の病気も考えられます。

ですから二次検査にまわされる人の中には、大腸がん以外の病気でまわされた人も多くいます。がん検診はこういうものなので、一次検査に引っかかったからといって、むやみに落ち込まないようにしましょう。
ところで一次検査で引っかからなかった人はとりあえず安心と書きましたが、実は厳密に言うとそうではありません。



一次検査で、実際は癌なのに異常なしと判定されることが、たまにあるからです。



検診は多くの健康な人から高リスクな人を見つけ出すために行われるものなので、全ての癌を発見するということはできないのです。

既に何らかの自覚症状が出ているという人は、検診に行くのではなく専門の医療機関での検査を受けたほうがいいでしょう。